2017/11/11

中古車販売で利益30万?オートオークション仕入れの仕組み

 
もっと早く知りたかった…

この記事を書いている人 - WRITER -
“自動車業界のすべてを誠実に伝える” BSニュースのサイト構成やライティングを担当している人。大学でプログラミングを専攻し念願のIT企業へ就職したが、紆余曲折を経て今は自動車業界の営業職に就いている。深夜のカップ麺の誘惑に負け続けているため、おなかが出てきているのが最近の悩み。

信号待ちで止まっているときに、車屋の中古車の値段にすぐ目が行ってしまうUJです。

みなさんもこんな経験ありませんか?(^^)

もしもですよ、プライスカードの値段がわざと高くされていたとしたら、どのぐらい車屋に儲けがあるのか。。。ちょっとだけ気になりませんか?

 

ほとんどの中古車販売業者は“オートオークション”という仕組みで仕入れをしてるのですが、これ!!実は中古車販売市場においてかなり重要な役割を果たしていると言っても過言じゃないんです!

 

こいつの仕組みが理解できれば、きっと中古車の値引き交渉が上手くなる!!(ハズ)

今回はそんな、一般の方にはなかなかオープンにされていないオートオークションについて詳しく解説していきます(^^)

 

【事故車の保険修理の協定とは?グレーな仕組みを100%解説】

 

 

オートオークションとは?

-BBSのホイール

1-1.オートオークション

オートオークションの定義

オートオークション(Autoauction)とは、自動車の販売 及び買取を業とする者が、商いの為に自動車を売買いする、会員制の自動車競り市場である。

オートオークション会場は各都道府県の管轄する警察署公安委員会認可の古物市場である。市場加入条件は古物商許可が「行商を行う」となっている古物許可証を有する自動車商であることが最低限の条件とされ、加入店の設立状況や業績、展示場の有無や販売台数、中販連加入状況、他オークション加入状況等などを審査の上、審査に合格した者だけが会員となり、初めてオートオークションでの商いが可能になる。

引用:Wikipedia

 

中古車販売店に並んでいる車の約8割は中古車オークションで取引された車だと言われています。

「まじかよ!それなら自分でオークションで買えばいいじゃないか!!」

と思いがちなのですが、引用内でも定義されているように、オートオークションに参加するためには資格が必要になることから、残念ながら一般人の参加は認められていないのが現状です。

 

2.オートオークションの種類

パソコンを入力する手

オートオークションの会場はいくつもありますが、それぞれ運営母体が異なります。

一般的には下記の3つが大まかな運営母体となっています。

  1. 組合系中古車オークション
  2. メーカー系中古車オークション
  3. 企業系中古車オークション

 

2-1.組合系中古車オークション

JU地名

 

JUというのは「日本中古自動車販売協会連合会」という組合のことです。全国各地に存在していることから、会員数がもっとも多いのがJU系のオートオークションと言われています。

しかし近年では、設備や運営方法が古くオークションの出品車両が集まらないこともあり、昔のような活気が少なくなっているようです。

 

2-2.メーカー系中古車オークション

TAA
ホンダオートオークション

 

メーカー系中古車オークションとは、トヨタやホンダといった自動車メーカーが主導となって運営しているオークション会場を指します。

特徴としては、出品車両の多くがディーラーの下取車のため、車の状態が良いものが多いと言われています。

 

2-3.企業系中古車オークション

USS
JAA
AAA

 

現在、最も勢いのある運営母体がこの企業系中古車オークションと言われています。

特徴としては、最新設備や近代的な運営方法を取り入れており、メーカーの縛り等も一切ないことが挙げられます。

中には、大手中古車買取店であるガリバーなどもオークション会場を運営しており、全国のガリバー店舗でお客様から買取したばかりの車が即出品されていたりすることから、鮮度が非常に高いオークションと言われています。

 

【車を買う前に1度読んで!中古車相場と販売店の比較ポイント】

 

3.オートオークションの流れ

アメ車の後ろ姿

オートオークションは会場毎に開催される日時が決められています。

母体や会場によって多少の違いはあるものの現車会場からの参加だけでなく、インターネット上での参加も可能となっています。

 

3-1.オートオークション(前日・当日・1週間後)

以下、簡単にオークションの流れを時系列でまとめてみました。

 

オークション前日まで

  1. 会場に出品車両を搬入
  2. 検査員が評価基準に沿って評価を行う
  3. 出品車両の画像と検査内容をリスト化(インターネットのデーターベースへ情報登録)
  4. 参加者はリストから目当ての車を事前確認

オークション当日

  1. 参加者は会場又はインターネットにてエントリー
  2. リストで目当ての車を再確認
  3. 出品車両の下見(インターネットで参加の場合は現地代行依頼も可能)
  4. 会場にて4~10台のセリが常時同時進行。
  5. 出品者は進行状況に応じて出品車両のスタート価格や落札希望価格の調整

オートオークション1週間後

  1. 開催者が落札車両の出庫準備を開始
  2. 開催者が落札した参加者から落札手数料、車両代金を受領
  3. 開催者が出品者に車両代金から出品・成約手数料を差し引いて支払い(開催者に中間手数料が発生)
  4. 出品者から車検証譲渡証明・印鑑証明を受領
  5. 落札した参加者へ車両・書類等を受け渡し

 

こうして落札された中古車がお店に展示されて、ようやく私たちの目に触れるようになります。

私たちの手元に中古車が届くまでに、これだけ沢山の業者や人を介しているので当然そこに中間マージンが乗せられてくるんですね。

つまり、店頭に展示されている車両価格には出品・成約手数料、落札手数料、販売店利益等の積み重なったものがめちゃくちゃ含まれているってことです。

もしもオークションの落札額で中古車が手に入るとしたら。。。あまりの安さに目ん玉飛び出すんじゃないでしょうか!?w

 

【車検料金の相場とは?整備工場の利益である検査料をチェック】

 

 

まとめ

1.オートオークションとは?
2.オートオークションの種類
3.オートオークションの流れ

 

いかがでしたでしょうか??

オートオークションは一般の方では踏み込めない業者主体の市場の為、もしも中古車を購入するときに何も知らないままですと、「高値で買ってしまった。。。」ってことにも繋がりかねません。顔馴染みの信頼できる中古車販売店であれば問題ないと思いますが、中には私たちが何も知らないことを逆手に取る悪徳業者も存在しています。

自分で車の修理をするとなるとかなり難しいですが、車の仕入れや販売の仕組みについては知ってるだけで意外とお得な買い物ができるかもしれませんね!!

それでは(^^)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
“自動車業界のすべてを誠実に伝える” BSニュースのサイト構成やライティングを担当している人。大学でプログラミングを専攻し念願のIT企業へ就職したが、紆余曲折を経て今は自動車業界の営業職に就いている。深夜のカップ麺の誘惑に負け続けているため、おなかが出てきているのが最近の悩み。
 

Copyright© BSニュース , 2017 All Rights Reserved.