2017/11/11

鈑金塗装は複雑?女性でも簡単にわかる8つの作業について

 
鈑金塗装とは何だろう?

この記事を書いている人 - WRITER -
“自動車業界のすべてを誠実に伝える” BSニュースのサイト構成やライティングを担当している人。大学でプログラミングを専攻し念願のIT企業へ就職したが、紆余曲折を経て今は自動車業界の営業職に就いている。深夜のカップ麺の誘惑に負け続けているため、おなかが出てきているのが最近の悩み。

「ディーラーで損傷箇所の部品を交換してくださいって言われたけど、鈑金塗装だと安くなる!?」

「出来るだけ修理金額を抑えたいんだけど、作業の中で抑えれるところってあるの??」

 

昨年、高速道路で後ろから追突事故を受けたときは本気で焦りました(/ω\)アワワ

どーもUJです。みなさんは事故をしたり、車にキズやヘコミをつけてしまったことってありますか?

 

そんなときは鈑金塗装。そう鈑金塗装ですよ!!!

今日はシンプルに鈑金塗装とはなんぞや?って疑問にお答えします。※ココロの声は小文字で書きます。

 

そもそも鈑金塗装って言われても、

 

「なにそれ?」

って方が多いですよね?

 

ちょっと前に話した、【事故を起こしても安心!修理工場を選ぶ5つのポイント】を思い出してみてください。

この時は事故に遭ってしまった際に修理工場を選ぶポイントをお伝えしましたが、実際に修理をするとなると…いったいどんな作業をしているんだろう?!?!?!

 

普段はお世話になる機会がないけれど、万が一の際にキズやヘコミをキレイに直してくれる修理工場。

そんな、ちょっぴり気になる修理工場の鈑金塗装作業について早速見ていきましょう!

 

 

鈑金塗装とは?

綺麗なビーチと2人の女性

1-1.鈑金塗装

自動車の鈑金塗装とはこの2つの作業のことをいいます。

■鈑金作業

主に自動車の修理を指す。

■塗装作業

修理後の色塗りを指す。

 

一色単にしがちですが、それぞれ鈑金担当と塗装担当がいて別々の作業をしています。

中には、

 

「俺はどっちもデキルぜ(`・ω・´)」

っていう人もいますが、たいていはどちらか得意分野があるものです。

ちなみに鈑金塗装業界では、一人前になるまでに10年間修業が必要と言われています。

 

【BSニュースが修理工場の設備にこだわるたった1つの理由】

 

鈑金塗装の作業工程

眠そうな表情の猫

自動車の事故やキズの大きさにもよりますが、基本的にはこの8工程を順番に行っていきます。

  1. 前処理
  2. パネルの鈑金
  3. パテ埋め
  4. 下地処理     
  5. 調色作業      
  6. 上塗り塗装
  7. 仕上げ
  8. 完成検査

 

2-1.前処理

作業内容

  1. 破損箇所の確認
  2. 構成部品の取り外し
  3. 補修部分の汚れ落とし

分かりにくいので、今回はドアを例にしてみます。

 
■ドアの構成部品
  • ドアパネル
  • サイドミラー
  • ドアハンドル
  • ガラス
  • 装飾品(ガーニッシュ)
  • 内装(トリム)

 

1の破損したドアを確認した後に、2のドアを構成している諸々の部品をひとつずつ取り外します。その後に3の汚れた部分を掃除します。

きちんと構成部品を外さないと第2工程の「パネルの鈑金」や第6工程の「上塗り塗装」が上手く出来ない恐れがありますorz

 

2-2.パネルの鈑金

作業内容

  1. 元々の塗装を剥がす(塗膜剥離)
  2. 破損した部分を元の形に戻す(鈑金)
 
■鈑金の方法
  • ドアパネルを裏から叩く
  • ドアパネルの表を引っ張る(溶接)

 

どちらの方法も、塗装がキレイにとれた鉄板の状態になっていなければダメです。

なので、1の丁寧に塗装を剝がしてから、2の破損部分を元通りの形に近づけていきます。

非常に腕が試される作業であり、全国で様々なコンテストなども開催されてるみたいです。

 

2-3.パテ埋め

作業内容

  1. パテ付け
  2. パテ研磨
 
■パテを付ける理由
  • ドアパネルを元通りの形に近づけるために、パテを部分的付ける
  • 部分的に付けたパテを削ることで凹凸をなくす

 

鈑金だけで完璧に元に形に戻すのは難しいので、1のパテを使い、整えながら調整していきます。

ちなみに、このパテなるべく薄く付けるのがポイントです!!

2のパテ研磨は、研ぎ剤を目の粗いものから細かいものへ順番に使用して整えていきます。

 

※鈑金の腕の良い職人ほどパテの量は少ないといわれています。まぁ、後から塗装をしてしまうので実際に見る機会はないですが。。。裏を返せば…パテを盛り盛りパテ放題wにしててもアナタ(お客さん)には気づかれないってことです。鈑金するよりパテの方が時間短縮にもなるみたいですし、ハイ。

 

2-4.下地処理

作業内容

  1. パテ付けした部分より広い範囲をビニールで覆う(マスキング)
  2. 下地処理剤を塗る
  3. 赤外線ヒーターで加熱して乾燥させる
  4. 下地処理剤を研磨

 

下地処理剤とは、塗装の密着を良くしたり最後の細かいところを調整したりするもので、サフェーサーと呼ばれています。

下地処理をしっかりと実施することで、第6工程の「上塗り塗装」の仕上がりが良くなります。

 

2-5.調色作業

革靴でガムを踏んでしまった人

作業内容

  1. 塗料の計量や調合
  2. テスト塗装
  3. 比色
 
■調色をする理由
  • パッと見は同じ色でも、実はメーカーや車種によって全然違う
  • 車の経過年数や保管状態などで色褪せる

 

新車以外の車では、全く同じ色の車は存在しないと言っても過言ではありません。

そのため1~3を何度も繰り返すことで実際の車の色に近づける必要があります。

 

2-6.上塗り塗装

作業内容

  1. 調色済み塗料の塗装
  2. クリヤー仕上げ
  3. 磨き

 

まずは1のように調色した塗料を塗装していきます。この時に、修理パネルだけを塗装してしまうと、車全体を見たときに修理した事が丸分かりになってしまいます。

そのためとても手間はかかりますが、ボカシという技術で修理部分との境目を分からなくしています。

さらに2のクリヤー仕上げをして光沢を出したり、3のようにピカピカに磨きを行うことで新車並みのスベスベな肌を作っていきます。

※こちらもかなり腕が試される作業であり、全国で様々なコンテストが開催されてます。

 

2-7.仕上げ

作業内容

  1. 外していた部品の取り付け
  2. 補修部分と関連部分のチェック

 

いよいよ作業も終盤です。分解していた部品パーツを元通りに組み付け直します。

外した部分が元通りに付かないことが結構あるので、慎重に取り付けしていきます。

 

※元々のボルトやクリップ等と違うものを使用して付けたりしていないか?変なところに無理やり穴をあけて付けたりしていないか?部品のツメが折れたりしていないか?なかには横暴な修理工場もあるみたいなので、しっかりと愛車を確認した方が良い場合もあります。

 

2-8.完成検査

作業内容

  1. 電子部品のエラー確認
  2. 実際に走らせてみる(ロードテスト)
  3. キレイに洗車

 

最近の車は1のような電子部品が多く使われているためチェックは欠かせません。

また、大きな事故の修理であればアライメント調整をしたり、2のロードテストをすることで本当に問題がないかを確認します。

最後に、3の洗車をして完璧な状態で納車します。

 

※ごく稀に、洗車をせずに納車をする修理工場があります。実務経験上、そういうところには二度と行かない方がいいです。だって、“見える部分ですら”手抜きしちゃうんですよ。これまでの“8つの作業工程”で何をされてきたかわかりませんよ、ゾッとします。。。

 

【1番オススメはどこ?4種類の修理工場メリット・デメリット】

 

 

まとめ

1.鈑金塗装とは
2.鈑金塗装の基本的な作業工程
  1. 前処理
  2. パネルの鈑金
  3. パテ埋め
  4. 下地処理
  5. 調色作業
  6. 上塗り塗装
  7. 仕上げ
  8. 完成検査

 

いかがでしたでしょうか?

鈑金塗装の作業工程について、これまでよりも詳しくなってもらえましたか?

これを知っていると、実際にキズやヘコミを直す時に、

 

「修理金額抑えたいから、ドアパネル交換するんじゃなくて鈑金にして!」ドヤ

 

こんなセリフを言えるようになるかもしれませんねw

それでは(^^)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
“自動車業界のすべてを誠実に伝える” BSニュースのサイト構成やライティングを担当している人。大学でプログラミングを専攻し念願のIT企業へ就職したが、紆余曲折を経て今は自動車業界の営業職に就いている。深夜のカップ麺の誘惑に負け続けているため、おなかが出てきているのが最近の悩み。
 

Copyright© BSニュース , 2017 All Rights Reserved.