2017/11/11

車の修理費用が半額って本当?鈑金リサイクルパーツ活用方法

 
安く抑えるとっておき!

この記事を書いている人 - WRITER -
“自動車業界のすべてを誠実に伝える” BSニュースのサイト構成やライティングを担当している人。大学でプログラミングを専攻し念願のIT企業へ就職したが、紆余曲折を経て今は自動車業界の営業職に就いている。深夜のカップ麺の誘惑に負け続けているため、おなかが出てきているのが最近の悩み。

事故の際に、保険を使って車を直した経験ってありますか?

その時の“見積書”や“納品書”ってどこかに保管してありますか?

その項目に「鈑金」「中古パーツ」「リビルト」とかいう用語が入っていた方は…

もしかしたら…損したかもしれませんよ。

 

どうゆうことかと言えば、本来保険修理の場合は、損傷してしまった部品(パーツ)については原則として新品交換されるものなのです。

そのため、“見積書”や“納品書”は「交換」という項目ばかりになるはずなのです。

それではなぜ「鈑金」「中古」「リビルト」と記載されてしまうのか?ズバリ言います。

 

保険会社側が修理工場に、

 

『そこは鈑金しといて。』

『中古パーツ使っといて。』

 

こんな指図をしていたりするのです。

酷いと思いませんか?

  • 新車を購入して、普通に運転していただけなのにぶつけられた
  • 保険会社に任せて修理工場に持ってかれた
  • そこでの修理に新品部品に交換してもらえない

 

【事故車の保険修理の協定とは?グレーな仕組みを100%解説】

 

意味わかんないですよね。

みなさんが、誠実に修理内容の説明を受けた上で了承されているのならば良いのですが、実際は知らないところで行われていることがほとんどです。

とはいえ、実費で修理をするような際には、この鈑金や中古パーツ(リサイクルパーツ)が強い味方になってくれるのも事実なので…

今回は、そんな実費による一般修理の際に知っていて欲しいポイントを4つに分けてお伝えしていきたいと思います。

 

 

一般修理とは?

リフトアップされている車

事故が発生した際の修理方法の一つで『実費修理』とも言われます。主に事故に遭ってしまった際に、車両保険を使用せずに実費で修理することを指します。

事故で車が損傷してしまった場合、多少のキズやヘコミ程度であれば5万円前後で修理可能な場合もありますが、事故の損傷程度が大きい場合には30万円~40万円やそれ以上という修理費用が掛かってきます。

金額に関わらず実費での修理は可能ですが、近年の保険制度を考えると20万円ぐらいまでなら、自己負担してしまったほうが出費が少なくなると言われています。

 

【20万円程度の事故修理ならば実費が得?保険修理のポイント】

 

ただ、20万円ぐらいの自己負担と簡単に言いましたが、実際お財布にかなりの痛手を負いますよね。本来は払う必要のなかった20万円を支払わなくてはならない。。。

僕UJもそうなんですが、みなさんも少しでも修理金額を抑えたいって思うのが本音ではないでしょうか?

そんなときは、修理工場に少しでも金額を安くしてもらうように相談してみましょう!親身に相談に乗ってくれる修理工場も結構たくさんありますよ。

 

2.一般修理・保険修理を選択するタイミング

マリオカート

事故に遭ってしまった際に、どのタイミングで修理方法を決めるかご存知ですか?

一般修理にするのか保険修理にするのかは、修理金額がわからないと決められませんよね。

事故発生から修理方法を選択するタイミングまでの流れは以下のようになります。

 

2-1.事故後の流れ

  1. 交通事故発生
  2. 保険会社や警察等に連絡を入れる
  3. 保険会社と協議の上、過失割合を決める(相手がいる場合)
  4. 事故車の修理見積もりを確認し、修理方法を選択する

 

保険を使用する場合は、過失割合に応じて相手側の修理金額を担する必要性があるため、慎重に対処しなければなりません。

また、保険会社に事前連絡をせずに、修理金額を見てから一般修理にするか保険修理にするかを選択するのはやめたほうがいいです。

一般的には、事故が発生したその場で保険会社に連絡を入れると思いますので、その時に「修理金額によって実費か保険かは考えます。」と一言伝えておくだけで余計なトラブルは避けられます。

ちなみに余談ですが、保険会社から“提携修理工場のご案内”を受けたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

既にお気づきかもしれませんが、修理工場は自分自身で決めることができます。更に言うならば、自分自身で決めた方が絶対にメリットが大きいので、保険会社からの誘導を鵜呑みにしないことをオススメします。

 

【事故を起こしても安心!修理工場を選ぶ際の5つのポイント】

【1番オススメはどこ?4種類の修理工場メリット・デメリット】

 

3.実費修理で出費を抑えるポイント

アップルウォッチを触る手

一般修理にするか保険修理にするか悩んだ末に、一般修理をすることになったとしましょう。

修理金額は実費で支払わなければなりませんので、「少しでも出費を抑えたい」のが本音ですよね?

修理金額を抑える方法はいくつかありますが、その中でも一番の方法は『鈑金してもらう』ことです。

 

3-1.出費を抑える “鈑金修理”

例えばドアのヘコミ等の修理は、完全に元通りにするのであればドアを新品交換したほうがいいと思いますが、鈑金してもらうことによって金額を抑えることが出来ます。

 

修理費用の比較 【例:ドアの場合】

■新品ドアに交換

部品代7万円+取替費用1.5万円+塗装費用(新品部品は色が塗られていない)1.5万円=10万円

■鈑金修理

部品代0円+鈑金費用2.5万円+塗装費用(直した部分)1.5万円=4万円

 

なんと金額が半額以下になりました!

 

更に“部品代”は修理工場の利益にはならないので、

 
■新品ドアに交換

取替費用1.5万円+塗装費用(新品部品は色が塗られていない)1.5万円=3万円の利益

■鈑金修理

部品代0円+鈑金費用2.5万円+塗装費用(直した部分)1.5万円=4万円の利益

 

修理工場からしてみても、鈑金修理の方がぶっちゃけ儲かるんです。

良質な修理工場では、修理したのが全く分からないほど高い完成度で仕上げてくれるので、新品交換にこだわらないのであれば鈑金修理を活用すべきです。

 

【部品交換と鈑金修理の違い?5割の人が知らない金額メリット】

 

4.リサイクルパーツを有効活用しよう

運転する女性

修理金額を抑える方法は『鈑金』以外にもあるとお伝えしていました。

それがタイトルにもあるように『リサイクルパーツを活用する』ことです。

 

4-1.リサイクルパーツの活用

もちろん鈑金修理をしてもらうことが一番なのですが、事故の損傷程度や損傷部位によっては「鈑金しようと思ったが、鈑金では修理出来ない!」ということがちょこちょこあります。

そんなときにリサイクルパーツと呼ばれる中古部品を使うことで、新品よりも金額を抑えようというものです。

「なんとか安く出来ないですか?」と修理工場に相談してみると、案外リサイクルパーツを薦めてくれるところもありますし、場合によっては自分で入手したリサイクルパーツを修理工場に持っていくことで、取替だけを実施してくれるところもあります。(リサイクルパーツはヤフオクなどで頻繁に売買されています)

 

「でも中古部品はなんだか心配だな。」

 

という方も、やっぱりいらっしゃると思いますので、少しだけ主観をお伝えしたいと思います。

 

4-2.BSニュース UJの主観

みなさんが、もしも鈑金修理を選択肢に入れられているのであれば、リサイクルパーツを使用しても遜色ないと考えます。

車をヒトに例えた際に、心臓部分に当たるエンジンや、背骨に当たる内板骨格部分であれば話は別ですが、ドアなどのパネル部分はたいてい衣服みたいなものだからです。

なので修理工場の塗装技術が高ければ、新品だろうがリサイクルパーツ使用だろうが、鈑金修理だろうが目視では全く判別がつかないのです。

もっと言ってしまえば、塗装に関しては新車の方がクオリティが低いこともあります。

新車に乗っている方は実際に見てもらうと気づくと思うのですが、ドアとバンパーを見比べると“結構な確率で色が違います”。

特にメタリック系の色にその傾向が強いのですが、理由としては自動車メーカーによる新車の生産工程上、ドアとバンパーは別々の生産ラインで塗装されているからです。また、ドアは鉄板ですがバンパーは樹脂素材が多いため、材質の違いによって発色の違いも現れるのです。

ここまで知ってしまうと、むしろ“新車購入時点で既に色がバラバラ”の可能性が高いといっても大げさではないのです。

 

更にもう一つだけお伝えすると…

冒頭にも少しお話しましたが、実は保険修理でさえリサイクルパーツが用いられている可能性があります。

鈑金修理に至っては、保険会社が推奨しているぐらいです。

 

「まじかよ、保険修理なんだからフツー新品交換じゃないのかよ!?」

 

いいえ、違います。断言します。

保険会社側が修理工場に新品交換をさせずに、鈑金修理をさせようと促しています。

詳しくは別の機会にお伝えしますが、保険会社側は意外とみなさんが知らないところで、不誠実なことを仕向けていますよ。

 

 

まとめ

1.一般修理とは?
2.一般修理・保険修理を選択するタイミング
3.実費修理で出費を抑えるポイント
4.リサイクルパーツを有効活用しよう

 

いかがでしたでしょうか??

基本的に「事故に慣れているよ。」って方は少ないので、突然の事故が起こってしまった際に冷静に対処することはなかなか難しいのが実際のところだと思います。

今回の内容を知っていただくことで、万が一の際に少しでも冷静に対処できるように…参考にしていただけたら嬉しいです。

また、一般修理を選択する場合には、修理工場への相談をしっかりと行うようにして下さいね!

「予算はいくらぐらいか?」「どの程度まで直すのか?」「リサイクルパーツは使用するのか?」などを、最初に相談しておけば修理作業が円滑に進みますし、後々トラブルに発展するリスクも減らすことが出来ます。

修理工場の方たちは車を直すプロなので、誠実な修理工場にお願いすれば、きっとみなさんの望みを叶えてくれるでしょう。

それでは(^^)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
“自動車業界のすべてを誠実に伝える” BSニュースのサイト構成やライティングを担当している人。大学でプログラミングを専攻し念願のIT企業へ就職したが、紆余曲折を経て今は自動車業界の営業職に就いている。深夜のカップ麺の誘惑に負け続けているため、おなかが出てきているのが最近の悩み。
 

Copyright© BSニュース , 2017 All Rights Reserved.