2017/11/11

事故車の保険修理の協定とは?グレーな仕組みを100%解説

 
知ってビックリ!保険修理の裏側に迫る!

この記事を書いている人 - WRITER -
“自動車業界のすべてを誠実に伝える” BSニュースのサイト構成やライティングを担当している人。大学でプログラミングを専攻し念願のIT企業へ就職したが、紆余曲折を経て今は自動車業界の営業職に就いている。深夜のカップ麺の誘惑に負け続けているため、おなかが出てきているのが最近の悩み。

※運転中に、突然事故をもらってしまった際のお話です。

 

損害保険会社に電話すると、お姉さんが親切に対応してくれます。

「〇〇様、お怪我はございませんか?」

「お車の修理は、当社(保険会社)の提携している修理工場へすぐに手配しますね。」

 

……みなさん「はい、お願いします。」って言ってませんか……?

 

僕UJの主観ですが、自分で選んだ“提携していない修理工場”に持っていった方がいいですよ。

そもそもこの提携している修理工場とは『提携修理工場』や『指定修理工場』と呼ばれているものですが、基本的にはフツーの街の鈑金工場です

レッカー車や代車、塗装ブースなどをしっかりと保持しているなどの一定の基準はありますが、提携していない修理工場と大差はありません。

 

それでは、提携していない修理工場と何が違うのか?

決定的な違いはたった1つ。

 

保険会社(損保)寄りなのか、そうではないか。

 

これだけです。

  • 保険会社は修理費用を抑えたい
  • 鈑金工場は安定した仕事が欲しい

この双方の思惑が合致しているところが、保険会社と提携している修理工場です。保険会社は修理費用を抑えてくれるような修理工場へ優先的に事故車を入庫させます。

お気づきですよね?だから保険会社のお姉さんが提携している修理工場へ誘導してくるのです。

 

保険会社と提携している修理工場が100%悪いとは思いませんが、今回は保険修理のグレーな仕組みを徹底解説しますので、1度読んでから判断してもらえたら嬉しいです。

 

 

1.保険修理とは?

虫眼鏡を持つスマートな男性

保険修理とは、事故が発生した際の修理方法の一つで『車両保険』を使用して修理することを指します。

近年では20万円以上の修理費用が掛かるのであれば、保険修理を選択しても損にならないと言われています。

 

【20万円程度の事故修理ならば実費が得?保険修理のポイント】

 

1-1.保険修理の考え方

保険修理の考え方は『損害が全て元通りになる』ことが大前提であり、特に相手側に損害請求をする場合はその傾向が強く現れます。

車両保険を使用する場合のポイントとしては、損傷したパーツは全て新品に取替依頼をすることが挙げられます。

 

損傷パーツを新品取替した方が良い理由

鈑金修理をするよりも部品を新品交換をした方が良い理由としては、車両保険の仕組みが大きく関係しています。

車両保険の仕組みは、かかった修理代によって次年度の保険料が変わるのではなく、保険の使用回数によって次年度の等級が変わり、それに伴い保険料が変わります。

そのため、鈑金修理で25万円掛かろうが、部品の新品交換で50万円掛かろうが、次年度の保険料は同じなのです。

将来的に愛車を手放す際の下取り価格などを考慮すると、査定額に影響が出ることから新品交換するべきではないでしょうか?

 

保険会社の見解は?

ただし、部品の新品交換は部品代+取替工賃が発生する為、鈑金修理やリサイクルパーツを使用する場合よりも修理費用が高額になります。

保険会社側からすれば保険修理は自社の損失に値する為、部品の新品交換は極力避けたがる傾向にあります。

 

極めて不誠実な話ですが、この目で何百回もこんな事象を確認してるので紛れもない事実です。

 

CMでクリーンな女優を使ってマーケティングしておきながら、現実はこれです。

正直なところ、不誠実過ぎて吐きそうになります。何せこちらに全く相談なしですからね。

あちら側の方々は自分の大切な両親や家族が不慮の事故に遭った際にも、同じように新品交換を避けているのでしょうかね…?保険会社の方、見てたら教えてください。

 

というわけで、保険修理の際は保険会社や修理工場に事前に「すべて部品を新品交換してください!」ときっちり伝えておきましょう。

 

2.保険修理で行われる協定とは?

腕相撲をする二人の男性

みなさんは協定という言葉をご存知ですか?

協定とは、修理する車を受け取った修理工場が修理費用の見積りを作成し、その見積りの整合性が適正か否かを保険会社側が確認する作業のことです。

「保険会社側」と「修理工場」がお互い合意に達した場合に協定完了となります。車両保険の保険金を受け取るには、この協定が済んでいなければなりません。

 

【保険修理の協定とは?自動車事故の見積もり金額に騙されるな】

 

2-1.協定のポイント

協定のポイントについては、保険会社側と修理工場の心理を読み解けば、おのずと答えに近づくのではと思います。

 
■保険会社側の心理

『出来るだけ、修理費用(保険金)を支払いたくない!』

■修理工場の心理

『出来るだけ、保険修理で利益を上げたい!』

 

このように双方真逆の心理なので、必然的に揉めます。揉めることが日常茶飯事なレベルです。(※保険会社と提携している修理工場はあまり揉めません)

ですが、お互いにメリットがある作業が存在します。それが先程も出てきた鈑金修理です。

 

2-2.お互いにメリットがある “鈑金修理”

保険会社側は部品の新品交換がされてしまうと費用が高額になってしまいますし、修理工場は鈑金修理は完全な技術料の為、部品取替よりも利益が取れるのです。

紳士的な修理工場であれば、部品の新品交換を最優先に考えて保険会社側と協定をしてくれますが…

保険会社と提携している修理工場などでは、双方にメリットのある鈑金修理が選択されてしまうことになりかねません。(※ただし骨格部分など鈑金修理を選択した方が良い部位も存在します)

協定は保険会社側と修理工場の間でやり取りされるので、みなさんでは手が出しにくいのも事実ですが、保険修理の際には部品の新品交換を”必ず”申し出るようにしましょう。

保険会社側が理由を付けて断ってくることもありますが、そんなことに耳を傾ける必要性は全くないです。冷静に考えてみて下さい。

 

そのためにずーーーーーーーーっと高い保険料を払い続けているのですから。

 

修理内容に関する決定権は保険会社側でも修理工場でもありません。なさん自身だということを忘れないようにして下さい。

 

3.事故から保険金の支払いまでの流れ

ドライヤーで乾かした髪で顔が見えない女性

事故に遭ってから、保険金が支払われるまでの流れは以下のようになります。

 

3-1.事故に遭ってから保険金の支払いまでの流れ

  1. 事故に遭ったため、保険会社へ連絡する
  2. ドライバーが修理工場へ見積りを依頼する
  3. 車の損傷程度を確認し、修理工場が見積りを作成する
  4. “保険会社側”が見積りの整合性が取れているか確認する
  5. “保険会社側”と修理工場で 協定 する
  6. 保険会社からドライバーへ保険金が支払われる

 

事故に遭った際に保険会社に連絡すると「事故車は引き取って、私どもの提携している修理工場で修理します。」と結構な確率で、受話器の向こうのお姉さんが勧めてきます。

ですが、この誘導に乗ってしまうのは大きな過ちかもしれません。

『提携修理工場=保険会社の言いなり』のケースが多々あるため、普段からお付き合いのある修理工場や、ホームページなどで良さそうな修理工場を探して持っていったほうが良いです。

 

【事故を起こしても安心!修理工場を選ぶ際の5つのポイント!】

【損害保険会社はどこがオススメ?自動車保険選びの共通点は1つ】

 

また、先程から“保険会社側”と表現してきたのには理由があります。

 

3-2. “保険会社側”と表現した理由

実は保険協定では保険会社から アジャスター と呼ばれる人が差し向けられており、実質的にはこのアジャスターが協定を行っています。

そして、そのアジャスターと呼ばれる人はみなさんが知らないところで修理工場に対して、「部品の新品交換は認めません!」や「リサイクルパーツを使用してください!」などと訳の分からないことを言い散らかしています。

もうお分かりですよね!?

 

アジャスターが訳の分からないことを言い散らかす理由

 

アジャスターは保険会社から派遣されている=『修理費用を極力抑えること』が仕事。

 

なので、

誠実な修理工場もアジャスターからチクチクと攻撃されていたりしています。

鵜呑みにされてしまっては元も子もないので、修理工場には自分の意見をしっかりと伝え、見積りをきちんと確認することが大切です。

よく分からないからといって修理工場任せにしていると、車を下取りに出したり、売却する際に後悔するかもしれません。

 

4.保険を使って修理をせずに現金を受け取れる?

変な顔で両手をあげている女性

ところで、「保険金って、修理しなくても相当額を受け取ることができるの?」という疑問が沸く人もいらっしゃるのではないでしょうか?結論から言えば、これは可能です。

保険会社に対して、「修理をせずに保険金のみ請求する。」という旨を伝えれば、基本的には保険金を銀行口座に振り込んでもらえます。

ただし、注意点が2点ほどあるので気を付けてください。

 

保険金を請求する際の注意点

  • 保険会社側と修理工場が協定を済ませている
  • 協定金額の税抜き価格が振込まれる

きちんと保険金が支払われたら、それを頭金にして新たな車を購入してもいいかもしれませんね。

 

 

まとめ

1.保険修理とは?
2.保険修理で行われている協定とは?
3.事故から保険金の支払いまでの流れ
4.保険を使って修理をせずに現金を受け取れる?

 

いかがでしたでしょうか??

これまで保険会社や修理工場に全て任せておけば安心と考えていた人は、すぐにでも改めた方がいいかもしれません。

みなさんが知らないうちに、保険会社や修理工場がこっそり結託している可能性も充分にあるので…

そして何回も言っていますが、保険修理を行うときは『損害が全て元通り』になるように、部品の新品交換を依頼してくださいね!

誠実な修理工場であれば必ず理解してくれますし、場合によっては“良い策”を教えてくれるかもしれません。

また、インターネットで修理工場のホームページを何件か検索してみると、保険修理の協定を得意としているかそうでないかが結構見えてくるので、調べてみるのも面白いと思います。

それでは(^^)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
“自動車業界のすべてを誠実に伝える” BSニュースのサイト構成やライティングを担当している人。大学でプログラミングを専攻し念願のIT企業へ就職したが、紆余曲折を経て今は自動車業界の営業職に就いている。深夜のカップ麺の誘惑に負け続けているため、おなかが出てきているのが最近の悩み。
 

Copyright© BSニュース , 2017 All Rights Reserved.