2017/11/11

【基礎】補修用塗料の歴史や塗装工程とは?新車塗装について

 
第3回新車塗装について

この記事を書いている人 - WRITER -
“自動車業界のすべてを誠実に伝える” BSニュースのサイト構成やライティングを担当している人。大学でプログラミングを専攻し念願のIT企業へ就職したが、紆余曲折を経て今は自動車業界の営業職に就いている。深夜のカップ麺の誘惑に負け続けているため、おなかが出てきているのが最近の悩み。

BSニュースでは自動車の鈑金・塗装業界について、作業に必要な基礎知識をまとめています。

第3回目は『新車塗装』についてです。

 

みなさんは新車を塗装する場合と補修塗装をする場合で、使用する塗料や作業工程、塗装方法が異なることをご存知でしょうか?

新車塗装はまっさらな鋼板に塗装していきますが、補修塗装の場合は、すでに塗装してある塗膜をはく離したり、足付けをする必要があります。そのため補修塗装の際には、新車塗装を正しく理解した上で行うことが重要になります。

 

今回は自動車の補修塗装をするために必要な、新車塗装についての基礎情報をお伝えしていきます。

 

メザイクドットコムのロゴ

『ホームページで集客したい』くるまやさんをWEBマーケティングで誠実に支援するサイト。  

mezaiku.com(メザイクドットコム)はこちら

 

1.自動車用塗料の歴史

ボディペイントをした3人の女性

1-1.新車塗装と補修塗装

新車塗装と補修塗装では、塗料の種類や硬化方法、塗装工程と設備の違い、ボデーに部品が組み付けられているか否か等で作業に大きな違いが発生します。

補修塗装の場合では、ボデーに部品が付いた状態での作業になる為、高温での強制乾燥に耐えられない自動車の装備があることから、新車と異なる塗料を使用することが増えてきています。

新しい新車塗料の登場に追随する形で、補修用塗料も発展し続けてきており、新車塗装の高級化傾向が見られた1980年代に、新種の塗料や技法に対応して補修用塗料の開発が進みました。

 

1-2.新車塗装の高級化の3要素

■高外観

ツヤ、深みの向上、塗面のなめらかさが追求されました。塗膜の層や塗装工程を増やすなど、様々な方法が試されました。

 

■高意匠

デザイン性の高い塗色が開発されました。パールマイカなどの特殊顔料が多く登場しました。

 

■高機能

撥水性、耐スリ傷性、親水性、耐酸性雨性に優れた塗膜が開発されました。現在では環境面に配慮したものの開発が進められています。

 

2.新車塗装工程

メルセデスベンツのクーペタイプ

新車の塗装工程は、以下の通りです。

1.表面処理
2.下塗り
3.中塗り
4.上塗り

 

2-1.表面処理

まず始めに表面処理を行います。

防錆力と塗料の密着性を高める目的で行われ、ディッピング塗装とも呼ばれています。

表面処理を行う方法として、水洗いでボデーの表面をきれいにしたら、リン酸亜鉛系の溶液の槽にボデー全体を浸けます。

 

2-2.下塗り塗装

防錆力を付け、中塗り塗料が付着しやすくなる目的で行われます。

電着塗装を用いて塗装します。下塗り塗装後にアンダーコートやシーリング剤などを塗布、防音・防振シートの貼り付けを行うことで防錆力の強化をしています。

 

2-3.中塗り塗装

隠ぺい性や付着性、耐ピッチング性、充てん性を高める目的で行います。

熱硬化ポリエステル樹脂塗料で焼付乾燥を行います。環境対策の一環として、中塗り工程を省くケースも増えてきているようです。

 

2-4.上塗り塗装

外観を良くする目的で行います。

焼付塗料を使用しクリヤーを塗装することで、きれいな発色やツヤを出すことが出来ます。

一般的にはロボットによる静電塗装で吹き付けることが多いようです。

 

焼付塗料

焼付塗料は、150℃前後の高温で20~30分間乾燥させることをいいます。熱によって反応が進む塗料で、分子が架橋して硬化する熱重合型塗料です。

一般的には、上塗り後に焼き付けを行うことを指しますが、実際には電着塗装、中塗り塗装後でも焼き付けを行っています。また、上塗りで複数回焼き付ける場合もあるようです。

中塗りやソリッドカラーの上塗りには熱硬化ポリエステル樹脂塗料が、メタリックカラーなどは熱硬化アクリル樹脂塗料が使用されています。

近年では環境対策の問題から水性塗料やハイソリッドクリヤーなど、環境対応型塗料の使用が拡大傾向にあるようです。

 

3.塗色の種類

たくさんの筆

塗色には、以下の4種類が存在します。

1.ソリッドカラー
2.メタリックカラー
3.パールカラー
4.その他

 

3-1.ソリッドカラー

塗膜が着色された1種類の層だけで構成されています。

その上にクリヤーや着色クリヤー、機能性クリヤーを塗装した2コートソリッドも増加しています。

 

3-2.メタリックカラー

着色顔料とアルミ顔料を混ぜ合わせた塗料で塗装を行い、クリヤーを塗装する2層構造です。

アルミ顔料の種類は非常に多く、着色顔料との組み合わせで様々な効果を発揮します。着色顔料とクリヤーの間に、半透明のカラークリヤーを塗装する3コートメタリックなども存在します。

 

3-3.パールカラー

着色顔料とパール顔料を混ぜ合わせクリヤーを塗装する2層構造の2コートパールと、着色顔料、パール顔料、クリヤーの順番に塗装する3層構造の3コートパールがあります。

パールカラーの元であるマイカの量で塗装した時のイメージが大きく変化し、独特の光輝感や高級感を演出します。

 

3-4.その他

新車の塗装に用いられることもあるが、カスタムペイントに用いられることが多い塗色になります。

■オパールカラー
■マルチカラー
■キャンデーカラー
■マットカラー

 

4.機能性クリヤー仕上げ

美しい水しぶき

機能性クリヤーには、以下の効果を持つものがあります。

1.耐スリ傷性クリヤー
2.フッ素樹脂クリヤー
3.親水性クリヤー
4.耐酸性雨クリヤー

 

4-1.耐スリ傷性クリヤー

マツダのハイレフコートや日産のスクラッチシールド、トヨタのSelf-restoring Coatなど傷が付きにくく、付いた場合でもある程度の損傷であれば復元する機能を持っています。

 

4-2.フッ素樹脂クリヤー

撥水性に優れる特徴を持っています。

日産が初採用し、新型ローレルに適用した際に「スーパーファインコーティング」=SFCと名付けています。

 

4-3.親水性クリヤー

水をはじく撥水性とは反対に、水が馴染んで耐汚染性に優れる特徴をを持っています。

三菱が量産車としては世界で初めて採用し、ディアマンテにオプション設定した際に「セラミッククリア塗装」と名付けています。

 

4-4.耐酸性雨クリヤー

酸性雨による塗装の劣化を防ぐ特徴があります。

補修塗装で良く用いられるウレタン塗料は、酸性雨に強いといわれています。

 

まとめ

1.自動車用塗料の歴史
2.新車塗装工程
3.塗色の種類
4.機能性クリヤー仕上げ

 

いかがでしたでしょうか??

今回は新車の塗装についてお伝えしてきました。車の塗装といっても、新車塗装と補修塗装で、塗料や方法が違うということを知っている方は少ないのではないでしょうか?

また、塗色によって塗膜の構成が変わりますが、補修塗装では新車と同じ塗膜構成で塗装しない場合もあります。

新車塗装の知識を知った上で補修塗装を勉強すると、なるほど!と思うこともあるかもしれませんね。

 

それでは(^^)

 

メザイクドットコムのロゴ

『ホームページで集客したい』くるまやさんをWEBマーケティングで誠実に支援するサイト。  

mezaiku.com(メザイクドットコム)はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
“自動車業界のすべてを誠実に伝える” BSニュースのサイト構成やライティングを担当している人。大学でプログラミングを専攻し念願のIT企業へ就職したが、紆余曲折を経て今は自動車業界の営業職に就いている。深夜のカップ麺の誘惑に負け続けているため、おなかが出てきているのが最近の悩み。
 

Copyright© BSニュース , 2017 All Rights Reserved.