2017/11/11

【基礎】途料の種類や目的別の選び方とは?補修用途料について

 
補修用途料について

この記事を書いている人 - WRITER -
“自動車業界のすべてを誠実に伝える” BSニュースのサイト構成やライティングを担当している人。大学でプログラミングを専攻し念願のIT企業へ就職したが、紆余曲折を経て今は自動車業界の営業職に就いている。深夜のカップ麺の誘惑に負け続けているため、おなかが出てきているのが最近の悩み。

BSニュースでは自動車の鈑金・塗装業界について、作業に必要な基礎知識をまとめています。

第5回は『補修用途料』についてです。

 

自動車用途料は、新車に使用される塗料と補修に使用される塗料では、設備の違いが大きな問題となり異なります。

このため、補修用途料は車体修理工場が持つ設備で使用できるもので、尚且つ新車用塗料と同じレベルの性能でなければなりません。

 

今回は補修用途料の種類や目的に合わせた選び方など、補修用途料についての基礎情報をお伝えしていきます。

 

メザイクドットコムのロゴ

『ホームページで集客したい』くるまやさんをWEBマーケティングで誠実に支援するサイト。  

mezaiku.com(メザイクドットコム)はこちら

 

1.下地塗料の種類と特徴

赤と青のブロック壁

金属パネルの錆防止や、鈑金後の凹凸をなめらかにする特徴があります。

下地塗料は、以下の5種類に分けられます。

1.金属素地面防錆塗料
2.パテ
3.プラサフ
4.スプレーパテ
5.シーラー

 

1-1.金属素地面防錆塗料

錆を防止し、塗料の付着性を高める目的で用いられる塗料です。

 

金属素地面防錆塗料の種類

金属素地面防錆塗料には、以下の3種類に分けられます。

■金属表面処理剤
■ウォッシュプライマー
■プライマー

 

鉄やアルミ、樹脂のすべての素材に対応できるものから、素材を限定するものもあります。

 

1-2.パテ

ボデーの凹凸を埋める塗料で、多くの種類が存在します。

代表的なものとして、以下の8種類が挙げられます。

■鈑金パテ
■中間型パテ
■ポリパテ
■ラッカーパテ
■メタルパテ
■ファイバーパテ
■バンパー用・樹脂部品用パテ
■光硬化パテ

 

鈑金パテ

厚付け性や密着性に優れ、50mm程度までのヘコミの修理に用いられます。

 

中間型パテ

鈑金パテとポリパテの中間という意味で用いられるが、一般的に鈑金パテといえば、中間パテを指すことが多いようです。厚付け性に優れ、10~30mm程度のヘコミの修理に用いられます。

 

ポリパテ

ポリエステルパテの略で、厚付け、一般、薄付けまで各種タイプが存在します。1~10mm程度のヘコミの修理に用いられます。

 

ラッカーパテ

部分的に少しずつ使うことからスポットパテとも呼ばれ、0.1~0.5mm程度のヘコミの修理に用いられます。

 

メタルパテ

耐久性と防錆力に優れ、肉ヤセしないアルミ粉末が使用されていることが特徴です。アルミパテとも呼ばれ、パネルの穴埋め、錆穴の修理、パテのスアナ埋めに用いられます。

 

ファイバーパテ

密着性や強度、柔軟性に優れ、パネルの引き出し・叩き出しが難しい箇所の穴埋めやバンパーなどにも用いられます。

 

バンパー用・樹脂部品用パテ

用途を限定したパテで、バンパー部分・樹脂部品の修理に用いられます。

 

光硬化パテ

光を利用して硬化促進させるパテです。軽補修などの作業スピードが求められる場合に用いられます。

 

1-3.プラサフ

防錆目的のプライマーと肉持ち目的のサフェーサーを併せた塗料です。

プラサフの性能は、防錆・密着・膜厚・平滑・充てん・シール・耐水などがあります。

プラサフの分類は、1液型プラサフと2液型プラサフから細かく分類されます。

 

1液型プラサフ

■ラッカー系

軽補修などの小面積を対象とした補修に用いられ、安価で経済的であったり、研磨作業性に優れたり、常温で素早く乾燥したりする特徴があります。

さらに細かく分類すると、以下の2種類に分けられます。

  • 硝化綿ラッカー系
  • アクリルラッカー系
■合成樹脂系

大型車など一部に用いられ、塗膜のシール効果に優れています。

さらに細かく分類すると、以下の2種類に分けられます。

  • アルキド系
  • 光硬化

 

2液型プラサフ

■ウレタン系

種類が豊富で作業内容や作業箇所、仕上がりレベルに応じて選択することができ、シール効果が高い、肉ヤセが少ない、層間密着性・付着性に優れる等の特徴があります。

さらに細かく分類すると、以下の3種類に分けられます。

  • ポリエステル系
  • アクリル系
  • 水性
■エポキシ系

耐薬品性、防錆力、膜厚性、付着性に優れているが、乾燥が遅いという特徴があります。

 

1-4.スプレーパテ

充てん性に特徴のある下地塗料で、ポリパテとプラサフの中間に位置付けられます。

1液型、2液型、3液型に分類され、それぞれ特徴が違います。

 

1液型スプレーパテの特徴

吸い込み性、肉持ちが良く、ラッカーパテの代わりに用いられることもあります。

 

2液型スプレーパテの特徴

肉持ち性に優れ、シール効果に優れていることが特徴です。

 

3液型スプレーパテの特徴

超膜厚でシール効果、耐ブリスター性に優れているが、乾燥は少し遅いことが特徴です。

 

1-5.シーラー

シーラーは、以下の5種類に分けられます。

■密着性向上シーラー
■にじみ止めシーラー
■チヂミ止めシーラー
■吸い込み止めシーラー
■複合機能タイプ

 

密着性向上シーラーの特徴

吹き付け時の希釈が不要で乾燥が早く、新車塗膜に対する密着性を高める特徴があります。研磨しづらい場所にも便利です。

 

にじみ止めシーラーの特徴

乾燥はやや遅いが、上塗りを塗布した後に、旧塗膜の色が浮き上がってくるのを防ぐ特徴があります。

 

チヂミ止めシーラーの特徴

旧塗膜に上塗りの溶剤が浸透し、チヂミが発生するのを防ぐ特徴があります。

 

吸い込み止めシーラーの特徴

旧塗膜や下地が上塗りの樹脂分を吸い込むことで、ツヤ引けが発生するのを防ぐ特徴があります。

 

複合機能タイプの特徴

にじみチヂミ・吸い込み防止など、複数の機能を併せ持つという特徴があります。

 

2.上塗り塗料の種類と特徴

数種類の色ペン

上塗り塗料は、以下の7種類に分けられます。

1.ベースコート/クリヤーコートシステム
2.ウレタン塗料
3.低VOC塗料
4.水性塗料
5.バンパー用途料
6.ラッカー用途料
7.フタル酸エナメル

 

2-1.ベースコート/クリヤーコートシステム

補修塗装において、ソリッドカラー以外は、カラーベースとクリヤーコートの2種類が上塗り塗装されています。

作業性に優れ、メタルムラが出ないことが特徴です。

 

2-2.ウレタン塗料

ポリオールなどの主剤と硬化剤の化学反応により、綿密な塗膜を形成する2液重合型塗料です。

耐候性、耐薬品性に優れ、表面は平滑で光沢が出やすいが乾燥が遅いことが特徴です。

ウレタン塗料には、以下の4種類に分けられます。

■速乾ウレタン
■アクリルウレタン
■ポリエステルウレタン
■アクリルポリエステルウレタン

 

2-3.低VOC塗料

VOC塗料とは有機溶剤のことで、環境問題として世界的に規制が行われているようです。こうした時代背景から、有機溶剤の少ない塗料の開発が進められています。

 

2-4.水性塗料

有機溶剤の含有率がゼロか、ほとんど使用されていない塗料のことで、水を溶剤にしています。水分が蒸発し乾燥・硬化するため、温度や湿度に左右されやすく、冬は凍結にも注意が必要になります。

塗料が垂れにくかったり隠ぺい性が高い、ボカシ際がきれいなどの特徴があります。

 

2-5.バンパー用塗料

樹脂への塗装は塗膜に柔軟性を付与し、少しの変形で割れないようにする必要があります。

バンパー塗装では素材や塗料によって添加剤などの調合方法があるため、作業前に確認する必要があります。

 

2-6.ラッカー

ラッカーの塗膜はヒモ状の構造になります。作業性が良く、乾燥が早いことが特徴です。

ラッカーは、以下の3種類に分けられます。

■硝化綿ラッカー
■変性アクリルラッカー
■ストレートアクリルラッカー

 

2-7.フタル酸エナメル

溶剤が蒸発する際に、空気中の酸素と反応硬化して、一部網の目構造の塗膜を形成します。

肉持ち性や作業性が良く、独特の光沢が特徴です。

 

3.上塗り用添加剤

色と筆

 

主な添加剤は、以下の5種類に分けられます。

■メタリック用添加剤
■ハジキ止め
■レベリング剤
■硬化促進剤
■フラットベース

 

メタリック用添加剤

スカシを白くし、メタルの並びを統一し、ムラを防止します。

 

ハジキ止め

上塗りの際に、塗面で塗料をはじく現象を防止します。

 

レベリング剤

乾燥を遅くすることで流動性を持たせ、樹脂の表面張力を小さくすることで流展性を良くします。

 

硬化促進剤

有機スズを触媒とし、樹脂と反応させることで指触乾燥を早める働きがあります。

 

フラットベース

光を乱反射させることでツヤを消す働きがあります。

着色力のないツヤ消し剤調色用として上塗りラインに原色設定されている場合もあります。

 

 

まとめ

1.下地塗料の種類と特徴
2.上塗り塗料の種類と特徴
3.上塗り用添加剤

 

いかがでしたでしょうか??

今回は補修用塗料の基礎の部分についてお伝えしてきましたが、パテやプラサフ、塗料について詳しく見ていくと、補修塗装の作業工程の多さに驚かれる方もいらっしゃったのではないでしょうか?

補修した部分を塗装するにも、錆止めや上塗り塗装をしやすくするための前準備、塗装する素材に合わせたパテ選びなど様々な知識を必要とすることが分かりました。

新車塗装と補修塗装の違いは様々ありますが、正しい知識を持っていることで、新たな塗装方法が出てきても慌てることなく対応できるのではないでしょうか?

 

それでは(^^)

 

メザイクドットコムのロゴ

『ホームページで集客したい』くるまやさんをWEBマーケティングで誠実に支援するサイト。  

mezaiku.com(メザイクドットコム)はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
“自動車業界のすべてを誠実に伝える” BSニュースのサイト構成やライティングを担当している人。大学でプログラミングを専攻し念願のIT企業へ就職したが、紆余曲折を経て今は自動車業界の営業職に就いている。深夜のカップ麺の誘惑に負け続けているため、おなかが出てきているのが最近の悩み。
 

Copyright© BSニュース , 2017 All Rights Reserved.