8割の人は知らない!車の擦り傷はすぐに直せと言われるワケ!

 
コスったらすぐに直せ!

この記事を書いている人 - WRITER -
“自動車業界のすべてを誠実に伝える” BSニュースのサイト構成やライティングを担当している人。大学でプログラミングを専攻し念願のIT企業へ就職したが、紆余曲折を経て今は自動車業界の営業職に就いている。深夜のカップ麺の誘惑に負け続けているため、おなかが出てきているのが最近の悩み。

みなさんは車を運転していて、「うわ!やっちゃった…」ってことありませんか?

縁石にバンパーを擦ったり、狭い道を車同士がすれ違う時にミラーをゴリっと削ってしまったり…

道路を走っている車を見てみても、スリ傷が付いている車って意外と多く見たりします。

 

そんなスリ傷ですが、「早く直したほうがいいよ」って言われたことないですか?

それにはちゃんとした理由があるのですが、意外と知らない人が多いみたいです。

案外知られていないスリ傷を早く直したほうがいいワケをお伝えしていきます!

 

 

1.なぜすぐに直さなければならないのか?

虫眼鏡を持つスマートな男性

車を運転していると、たまにやってしまうボディのスリ傷。

なぜスリ傷はすぐに直したほうが良いのでしょうか?

そのままにしておくとあとで痛い目に合ってしまいますよ!

 

1-1.スリ傷を放置してはいけない理由

スリ傷は放置してはいけない理由はになってしまうからです。

一箇所でも錆び付いてしまうとそこからどんどん広がっていき、修理しようと思ったら広範囲を行わなければならない!なんてこともあるんです。

スリ傷が出来てしまったらなるべく応急処置を施すなどして、できるだけ早く修理することをオススメします!

 

1-2.錆びてしまった場合のデメリット

錆びてしまった場合の最大のデメリットは修理金額が高くなってしまうことです。

錆の修理は自分で行うことが難しく、業者にお願いすると、溶接や塗装代で5万円前後掛かることもしばしば。

さらに錆の範囲が広ければ、修理代はさらに高くなってしまいます。

錆びてしまう前に修理することが大切です!

 

2.スリ傷がついてしまった時の修理代金

コイン

スリ傷がついてしまった場合、すぐに修理するのはいいけど、金額っていくらくらい掛かるの?って思いますよね?

スリ傷の具合や箇所によって値段は大きく変わってきます。しかし若干高かったとしても、錆びてしまってから修理に出すよりかは安く済むので、早めに修理しておきましょう!

もちろん、業者に任せた時と自分で直した時では金額も大きく違うので、金額差はしっかりと確認しておきましょう!

 

2-1.業者にまかせた場合

スリ傷の箇所によって金額はまちまちです。

ざっくりとですが、金額は以下の通りです。

ミラー 5,000円~
フロントバンパー 15,000円~25,000円
フロントフェンダー 25,000円~35,000円
リアバンパー 15,000円~25,000円
リアフェンダー 25,000円~40,000円

 

スリ傷の大きさによっては、これ以上の金額になったりもしますし、業者によっても結構違います。

少しでも安いところを探そうと思ったら、何件か回って相見積もりを取ることをオススメします!

 

2-2.自分で直す場合

自分で直す場合は必要な道具を揃えなければなりません。

必要な道具は以下の通りです。

  • コンパウンド
  • コンパウンド用スポンジ
  • 塗料
  • マスキングテープ
  • 耐水サンドペーパー
  • サンドペーパー用研磨剤

 

種類が多いため揃えるのは大変だと思うかもしれませんが、すべてカー用品店で揃えることができ、金額も5千円程度なので業者に修理を出すよりもはるかに安く済ませることが出来ます。

 

また手順をしっかりと分かっていれば、簡単な作業となっているのでやってみるのも面白いかもしれません!

 

3.スリ傷の修理方法

黒板と電球

3-1.修理手順

スリ傷を自分で直す場合の手順は以下の通りです。

  1. 水洗いをして細めのコンパウンドで磨く
  2. 耐水サンドペーパーで磨く
  3. 脱脂する
  4. マスキングする
  5. タッチアップペンで塗る
  6. 乾燥させて、仕上げをして終わり

ポイントはコンパウンドで磨く時に、塗装が剥がれるくらいしっかりと表面を磨くことで、ここで躊躇してしまってはキズが消えません。

コンパウンドでの磨きを終えれば、あとは塗装して終わりになります。

タッチアップペンやスプレータイプの塗料を塗り、しっかりと乾燥させた後に再度コンパウンドで仕上げをすれば完成です!

 

難しそうに思う方もいるかと思いますが、やってみると意外と簡単なのでぜひ試してみてください!

 

 

まとめ

1.なぜすぐに直さなければならないのか?
2.スリ傷がついてしまった時の修理代金
3.スリ傷の修理方法

 

いかがでしたでしょうか?

愛車はいつまでもキレイに乗っていたいですよね!

ボディの劣化とともに錆びてきてしまうこともありますが、擦り傷を放置しておくと錆びるスピードは格段に早くなります。

正しい錆の落とし方や擦り傷の修理方法を身に付けておけば、長く愛車に乗り続けられるので、覚えておくと役に立つかもしれませんよ!

それでは(^^)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
“自動車業界のすべてを誠実に伝える” BSニュースのサイト構成やライティングを担当している人。大学でプログラミングを専攻し念願のIT企業へ就職したが、紆余曲折を経て今は自動車業界の営業職に就いている。深夜のカップ麺の誘惑に負け続けているため、おなかが出てきているのが最近の悩み。
 

Copyright© BSニュース , 2017 All Rights Reserved.