2017/11/11

1年間の事故件数なんと50万件!?事故と鈑金塗装の関係性

 
事故には気を付けよう!

この記事を書いている人 - WRITER -
“自動車業界のすべてを誠実に伝える” BSニュースのサイト構成やライティングを担当している人。大学でプログラミングを専攻し念願のIT企業へ就職したが、紆余曲折を経て今は自動車業界の営業職に就いている。深夜のカップ麺の誘惑に負け続けているため、おなかが出てきているのが最近の悩み。

※とっても不謹慎な話なので先に謝っておきます、気分を害してしまった場合はごめんなさい_(._.)_

 

“事故が発生すると、内心喜んでいる方々がいます”

「ん?またまた冗談を。。。」と思われてしまうかもしれませんが、これ事実です。

 

みなさんは鈑金塗装ってご存知ですか?一般の方にはあまり馴染みのない職種なのですが、簡単に言うと“車を修理して元の状態にする仕事”のことを言います。

「なるほど。。。事故が発生すればするほど、仕事が増えるから内心喜ぶってことね。」

「でも、実際どんなことをしているのかさっぱりわからんな。」

何を隠そう、僕UJもみなさんと同じで、この業界で働き出すまで鈑金塗装なんて全く知りませんでした。

でも、内容や仕組みを理解していくと“万が一事故が起きてしまった際に損しなくなる”ことに段々と気づいてきたので、今回はそんな鈑金・塗装について簡単にお話してみようと思います。

 

【事故を起こしても安心!修理工場を選ぶ際の5つのポイント!】(←修理工場の選び方はコチラ)

 

1.鈑金・塗装とは?

仮装する二人の女性

自動車の鈑金・塗装についての定義

板金塗装は事故やいたずら等により、損傷を受けた自動車のボディーパーツを、板金と塗装の二つの工程を経て、修復・再生することを目的として行われる。建築物などの材料加工や修復についても呼ばれることがあるが、一般的には、自動車の修復作業を指す。

鈑金作業はおおまかに「形を整える作業」を指す。板金ハンマーと当て板を使用するハンマリングによる板金が代表的なものになるが、スタッド溶接機を使用するものや盛り半田を使用するものなど、その方法は多岐にわたる。また、ボディパーツの部品交換作業や塗装作業に伴う部品の脱着作業も板金の一部として扱われる場合が多い。

塗装作業はおおまかに「色と表面を整える作業」を指す。板金によって整えられたボディパーツや新品に交換されるボディーパーツに対し、吹きつけ等の塗装を行うことにより、元の状態に近い装飾を行う作業である。

また板金塗装の仕事の中には、骨格部に及ぶ車そのものが曲がった等の大きな損傷の修理が行われる。こういった作業は、内製工場のないディーラーやクイック補修サービスではできず、鈑金塗装専門工場で行われる事が多い。

引用:Wikipedia

 

タイトルの『鈑金』と、引用内で使われている『板金』ではどのように違うかご存知ですか?

実際にはどちらの漢字を使っていても良いそうですが、『鈑』の字は常用漢字表にも当用漢字表にも載っていないことから公文書では使用されません。

但し『ばんきん』の意味は、「金属を板のように薄く打ち延ばしたもの」や「金属板を常温でのまま加工すること」であることから『鈑』の字を好む人が多く、固有名詞としてならば使用可能ということから、修理工場の社名に入っていることが多いと言われています。

このように修理工場の方々はこだわりが強く職人気質であり、鈑金・塗装作業にも垣間見えると言われます。

修理工場の仕事は簡単に言うと、『事故を起こしてしまった際に、車を元通りに修理してくれる修理工場』なのですが、この『元通り』へに対するこだわりには感心させられることもしばしばです。

 

2.鈑金・塗装業界のトレンド

渋滞している車

みなさんが事故を起こしてしまったり、愛車にキズやヘコミを付けてしまった際に頼りになるのが修理工場ですが、鈑金・塗装業界はどのような現状なのでしょうか?

修理工場のメイン業務は事故車修理なので、どこかで事故が起きないと修理工場の仕事が無くなってしまうのですが、毎年どれくらいの交通事故が起きているかご存知ですか?

ある調べによりますと、平成28年度の交通事故件数は499,201件でした。これにプラスして自損事故やキズやヘコミなどの修理依頼も合わせたりすると、おそらくですが毎年100万件以上の仕事があるのではないかと言われています。

こうして聞くと「相当数の自動車修理が日々行われているんだな。」と思いますよね。しかしながら、鈑金・塗装の市場は以下の理由により年々右肩下がりの縮小傾向にあります。

 

2-1.鈑金・塗装市場の縮小理由

  • 若者の車離れ(人口減少)
  • 職人の高齢化(後継者不足)
  • 独立開業者の減少
  • 景気が悪く小さなキズやヘコミは直さない
  • 自動ブレーキ等による事故率低下

 

この中でも特に大きな要因として挙げられるのは、若者の車離れや人口減少による保有台数の減少と、自動ブレーキ等によるぶつからない車の登場です。

人口減少は福祉などの観点から社会問題にも発展していますし、自動車の性能はこれからも進化し続けることが予想されることから、今後も市場の縮小傾向は止められないと言われています。

 

3.修理の方法

鈑金修理

ところで、万が一事故に遭ってしまった場合の修理方法って知っていますか?修理をする方法は以下のように3つあります。

  1. 自動車保険を使って修理する(保険修理)
  2. 実費で修理する(実費修理)
  3. 自分で修理する

 

自損事故や物損事故の場合、修理費用がどれくらい掛かるのかで自動車保険を使うか使わないかを考えるのが一般的です。

理由としては、事故で保険を使った場合、次年度に保険等級が下がるから(+事故あり等級になる)です。

 

3-1.例えば13等級の人が事故を起こした場合

  • 13等級の人が事故を起こしてしまった際に保険修理を選択
  • 翌年の等級が10等級になる
  • 事故ありの等級が3年間継続される(翌年:10等級、翌々年:11等級…→12等級…→13等級)
  • 年間に支払う保険料が高くなってしまう

一度保険修理を選択すると3年間は等級が元に戻らないので、自動車保険を使うか使わないか判断するポイントは、『この先3年間で値上げされる保険料』と『修理費用』を比較することが大切です!

 

【20万円程度の事故修理ならば実費が得?保険修理のポイント】

 

4.鈑金・塗装は自分で出来るのか?

車内から外を見る犬

3.の修理の方法の中で、自分で修理するという話が出てきましたが、本当にできるのか疑問ですよね!?

『元通り』完璧に修理することを目指すのであればプロの修理工場にお任せするべきですが、目立たない程度に補修するぐらいなら僕らにでも可能です(^^)

専用道具や用品が多少必要になりますが、最近ではオートバックス等のカー用品店やAmazonなどのインターネットショッピングでも気軽に購入できるようになっています。

ここでは、ちょっとしたキズやヘコミを直すために必要な道具と作業手順を簡単に紹介していきます。

 

4-1.必要な道具

  • 錆落とし
  • 紙ヤスリ関係
  • パテ関係
  • 塗装関係
  • 磨き関係

 

4-2.作業手順

  • 錆を落とす
  • 塗装を剥がす
  • パテを塗る
  • パテを削る
  • マスキングをする
  • 下塗りをする
  • 本塗装をする
  • クリア塗装をする
  • 磨く

 

大まかにですが、まとめるとこんな感じになります。全ての道具を揃えてみても20,000円程度なので、必要なものだけに絞れば10,000円前後で手に入れることができるのではないでしょうか。

尚、修理工場においても作業手順は概ね同じになります。(もちろん道具は高額になりますが)

ちなみに余談ですが、ソフト99という会社が自社のYouTubeチャンネルで上記の解説をしていたりするので、興味のある方はちょっとしたキズやヘコミならば自分で直してみるのも面白いかもしれませんね!

 

【鈑金塗装は複雑?女性でも簡単にわかる8つの作業について】

 

 

まとめ

1.鈑金・塗装とは?
2.鈑金・塗装業界のトレンド
3.修理の方法
4.鈑金・塗装は自分で出来るのか?

 

いかがでしたでしょうか?

今回は鈑金・塗装とはなんぞやという話でしたが、業界全体を見てみると事故車修理が減少していることから、修理工場も“儲かっているところと、そうでないところが二極化”しています。

特にディーラー内製化によって、これまでディーラーからの外注仕事をメインにしてきた修理工場は苦境に立たされており、直需の重要性が高まってきています。あくまでも主観にはなりますが、

  • ホームページで作業例や金額を示している
  • 環境配慮やコンプライアンスを徹底している
  • ASVなどの先進技術に対応した設備を備えている
  • 見積り・顧客管理・財務等のシステムを導入している

このように顧客ファーストを意識している修理工場は今後も生き残っていくのではないかと思います。みなさんも修理工場にお世話になる機会がありましたら、上記を参考にしていただき『愛車を本当に安心して預けられるか?』を良く考えてみることをオススメします。

それでは(^^)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
“自動車業界のすべてを誠実に伝える” BSニュースのサイト構成やライティングを担当している人。大学でプログラミングを専攻し念願のIT企業へ就職したが、紆余曲折を経て今は自動車業界の営業職に就いている。深夜のカップ麺の誘惑に負け続けているため、おなかが出てきているのが最近の悩み。
 

Copyright© BSニュース , 2017 All Rights Reserved.