2017/11/11

車を買う前に1度読んで!中古車相場と販売店の比較ポイント

 
良い中古車を探すコツ!

この記事を書いている人 - WRITER -
“自動車業界のすべてを誠実に伝える” BSニュースのサイト構成やライティングを担当している人。大学でプログラミングを専攻し念願のIT企業へ就職したが、紆余曲折を経て今は自動車業界の営業職に就いている。深夜のカップ麺の誘惑に負け続けているため、おなかが出てきているのが最近の悩み。

-Question 1-

「くるまぁ~売るならぁ~ラ〇ット♬」

某芸能人が歌っているCMですが、有名なのできっとご存知ですよね!?正解は。。。↓↓↓

 

-Answer-

『正解はラビットさんでした(^^)』

 

大手の中古車販売店であるラビットやビッグモーターなど、最近はCMやラジオ等であちこち宣伝を耳にするのではないでしょうか?今日はそんな中古車販売店についてお話していこうと思います。

ちなみに、実は中古車販売店って無数にあるんですよ!その気になればアナタだって中古車販売業者になれるかも(^^)w

 

【車検料金の相場とは?整備工場の利益である検査料をチェック】

 

 

1.中古車販売店とは?

虫眼鏡を使う眼鏡の男性

1-1.中古車販売店

 

中古車販売を営むためには古物商という資格が必要になります。

古物商について定めているものが、古物営業法という法律になります。

 

古物商の定義

古物営業法(こぶつえいぎょうほう、昭和24年5月28日法律第108号)は、盗品等の売買の防止、速やかな発見等を図るため、古物営業に係る業務について必要な規制等を行い、もつて窃盗その他の犯罪の防止を図り、及びその被害の迅速な回復に資することを目的として制定された法律である。この法律以前の古物商取締法(明治28年法律第13号)は廃止となった。

引用:Wikipedia

中古車販売店は古物許可証を持っていなければ営業できませんが、逆に古物許可証さえ持ってれば、ある意味誰でも中古車の販売を行うことが出来ます。

ちなみに古物許可証は中古車のみならず、中古ブランド品や古本など他の商売にも共通するものとなっています。

 

2.中古車販売店の種類

T-Valueのロゴ

T-Value(引用:https://www.netzchubu.co.jp/ucar/)

中古車販売を行っている会社は非常にたくさんありますが、大きく分けるとディーラー系と非ディーラー系の2つになります。

ディーラー系にはサブディーラーが含まれていたり、非ディーラー系には大手業者以外にも無数に存在しています。

 

2-1.ディーラー系の中古車販売店

  • トヨペット
  • ブルーステージ日産
  • Honda Cars
  • マツダ店
  • ダイハツ店
  • スズキ店
  • スバル店
  • ミツビシモータース  

 

2-2.非ディーラー系の中古車販売店

  • ガリバー
  • ビッグモーター
  • アップル
  • ラビット       

 

 

ディーラーが中古車販売をしているイメージをお持ちの方はあまり多くないのではないでしょうか?実はディーラーもトヨタ・ダイハツのU-Carや、日産のUCars、ホンダのAuto Terraceなど新車とは別に中古車販売店を持っているのです。

しかしながら、ディーラーは“中古車よりも新車が売れてほしい”という会社方針等により、大々的に中古車販売の宣伝や営業を行っていないところの方が多いようです。

反対に、非ディーラー系の大手中古車販売店は誰もがご存知のところばかりですよね?こちらはバンバン宣伝をしていますし、中古車を買うなら真っ先に頭に浮かぶぐらいの知名度があるのではないでしょうか。

その他、カーセンサーやグーの旗が立っているようなお店は全て中古車販売をしているお店ですよ

 

3.ディーラー・非ディーラーの仕入れの違い

オートオークションの画面

衛星TVオークション(引用:http://www.ussnet.co.jp/auction/outline.html)

3-1.ディーラー系の仕入れルート

ディーラー系の仕入れルートは、新車販売時の下取車がメインになります。

特徴としては、ディーラーは新車販売を推進しているので、時として新車販売をするために中古車相場を無視した高値で下取りを実施することがあります。

その結果、ディーラー系の中古車センターには店頭プライスが割高な中古車が並ぶこともあるようです。

 

3-2.非ディーラー系の仕入れルート

非ディーラー系の仕入れルートの主流は、オートオークションになります。

こちらの特徴としては、専門の検査員により走行距離や車の状態を客観的に判断されて価値が付き、バイヤーも車業界の人達なので、状態の良いものは高く、そうでないものは安く落札されます。

加えて、人気車種・色・グレード等は、どんどん高く落札され相場が形成されていきます。

 

【中古車販売で利益30万?オートオークションの仕入れの仕組み】

 

4.ディーラー・非ディーラーからの中古車購入のメリット・デメリット

合格マークのナース

4-1.メリット・デメリットの比較

  メリット デメリット

ディーラー系

  • 比較的高品質
  • ネットワークが強い
  • アフターサービスに強い
  • 保証が良い
  • 価格が割高傾向
  • 人気車種が少ない
  • 他メーカー車が少ない

非ディーラー系

  •  価格が割安傾向
  • 相談しやすい
  • 各メーカーに対応
  • 長期ローンにも対応
  •  保証面
  • アフターサービス
  • 諸費用が割高

ざっくりまとめるとこんな感じですが、すべての業者に当てはまるわけではないので注意が必要です。

非ディーラー系でも保証やアフターサービスが良かったり、ディーラーでも非常にお得な中古車が販売されている場合もあります。

重視されるポイントがそれぞれ違うと思いますので、好みの車は他社と見積り比較をすることが大切なのではないでしょうか?

 

【損害保険会社はどこがオススメ?自動車保険選びの共通点は1つ】

 

5.中古車市場の相場

上昇傾向のローソク足チャート

5-1.中古車の相場を決める要素

中古車の相場を決定するものとしては、下記の3点が挙げられます。

  1. 年式
  2. 走行距離

 

1.年式

自動車は機械製品のため、新しいほど価値が残ります。

基本的に古くなれば価値が下落するもので、特にモデルチェンジが行われた際などは大きく下落してしまいます。

 

2.走行距離

走行距離が多い場合は、実際に問題がなくても“故障の確立が高く長持ちしないだろう”という印象から購入者に敬遠されがちです。

買取査定では、年間走行距離が5,000~6,000kmを基準に少ない場合はプラス査定、多い場合はマイナス査定といわれています。

 

3.色

色も重要な要素になります。

市場ニーズと密接な関係があり、同じ状態の車であっても色によって買取額に大きく差が出ることがあります。

基本的には白・黒系のカラーが定番のため査定時に期待ができます。

 

 

まとめ

1.中古車販売店とは?
2.中古車販売店の種類
3.ディーラー・非ディーラーの仕入れの違い
4.ディーラー・非ディーラーからの中古車購入のメリット・デメリット
5.中古車市場の相場

 

いかがでしたでしょうか??

中古車販売店といってもディーラー系と非ディーラー系では仕組みが大きく異なることや、無数の中古車販売店が存在することから、購入を検討される場合には悩まれるかもしれません。

少しでもお値打ちに中古車を手に入れたい場合は、オートオークションで状態の良い車を中古車販売店と一緒に探すことが一番だと思います!

それでは(^^)

この記事を書いている人 - WRITER -
“自動車業界のすべてを誠実に伝える” BSニュースのサイト構成やライティングを担当している人。大学でプログラミングを専攻し念願のIT企業へ就職したが、紆余曲折を経て今は自動車業界の営業職に就いている。深夜のカップ麺の誘惑に負け続けているため、おなかが出てきているのが最近の悩み。
 

Copyright© BSニュース , 2017 All Rights Reserved.